相性や波長が合う

相性や波長がピッタリと合っていました。おまけに顔やスタイルも好みのタイプだったのです。その旅行は十一月だったのですが、その年の十二月末日に彼女はその彼からプロポーズされたのです。出会ってからたった一カ月後のことでしたので彼女も私も大変びっくりしてしまいました。というのも私は恋愛してから結婚するとしたら少なくとも一年ぐらいは付き合って決めるものと思っていたからなのです。そして彼女は翌年の六月に結婚式を挙げたのです。この例も又、私が完全に動かされて彼女の願望を実現させたのです。今までの説明や事例でマインドはいろいろな信号を出して誘導してくることがおわかりになったと思います。その誘導法は、、を使って自分から出てくるものとして、欲求を通じてひらめかせるもの、メディアを通じてひらめかせるもの、夢を通じてひらめかせるものがあり、その他、他人からの勧誘がある、ということなのです。想念をインプットしてマインドレベルが高ければ、自然にこれらのヒラメキや勧誘は出てきます。私達はただその誘導に従がって行動していけば願望は実現することになるのです。マインドからの信号は自然にしていてももちろん出てきますが、出てくる口を広げていくと非常に出やすくなってくるのです。そこでマインドがスムースに信号を出しやすい環境づくりを考えてみましょう。マインド誘導を促進する法変化のある生活をする自らのヒラメキや他人からの勧誘をスムースに出させるためには毎日家と学校や職場の往復だけに追われていてはいけません。何か新しいことをやってみることが必要です。毎日閉じ時間に起き、同じルートで通勤通学をし、同じ友人や同僚だけとしゃべっているよりは、何か新しいことをやってみたり、新しい友人と話したりする方が、ヒラメキや勧誘が起きやすくなってくるのです。-いつもと違った道を歩いてみる-いつもと違った通勤通学ル 卜を使ってみる・いつもと違ったレストランで食事をする-いつも読まない新聞・雑誌を読んでみる-いつもみないテレビをみる-たまには昔の友達に電話してみる-たまには昔の友達に手紙を出してみる・ゃったことのない趣味に挑戦してみる-ゃったことのないスポーツをやってみる・行ったことのない所へ出かけてみる-たまには講演会や公演会に行ってみる・新しいサークルに参加してみる以上のように毎日変化のある生活を心がけていると様々な情報が入ってきてこれがマインドを刺激し、ヒラメキを出させたり、他人から勧誘を出させたりするのです。

出会いが縁

たとえばいつもと違った道を歩いていたらたまたま講習会の立て看板が目に止まり、それが刺激となって欲求のヒラメキが起こり、それに従って参加したところ。運命の人。と知り合うことも考えられます。又、たまに入ったレストランで偶然に隣り合わせた人からの話し声から何かのヒントをつかんだり、たまたまそこにあった雑誌からヒントをつかむこともあります。又、いつもと違ったルートで通勤通学して、電車の吊り広告からヒラメキが起きできたり、違った場所へ行ったりして昔の友人とばったり会うこともあります。その出会いが縁でいろいろな方向へと発展していく場合もあります。又、映画やテレるのでこれらがヒントになってひらめく場合も多いのですビ等からも相当の情報が流れてい。人間関係をよくする・親密な関係を保つ自らのヒラメキでなく他人からの勧誘の場合は、多くの人と親しければ親しい程、信頼関係にあればある程、正しい誘導が行われるのです。前述の私が「人脈ロータリー」に招待した女性は古くからの親しい友人であったし、旅行をすすめた女性はとも私と深い信頼関係にあったのです。マインドは私を通じて彼女達の願いを叶えきせたのです。これに対して自分に対して敵意を持っている人、害を与えようとする人からの勧誘はマインドからの正しい誘導ではないと考え、受け付けない方がよいでしょう生理的に嫌いな人や、第一印象が特に悪い人からの勧誘は絶対に避け、あくまでも親しい人、信頼できる人からの勧誘に従うようにすることが鉄則です。増やしていくと自然に正しい導きである勧誘が増えてきます、私のヨがの生徒であり、両者。従って良好な人間関係をどんどん。良好な人縁を大切にすることが2必要です よ-忙しいといわない「私は忙しい」ということばを連発している人がいます。本当に忙しければ別としてあまり忙しくもないのに見栄でいかにも仕事や勉強をやっているようにみせかけている人がいます。しかしこれは決してプラスにはなりません。せっかくよい勧誘を自ら断ってしまうことになるからです。マインドが一生懸命になって願いを実現させようと誘導しても意識の方で断ってしまっては何にもなりません。いつもこのようなことを口癖にしている人は「あの人はいつも忙しそうだから」という理由で誰からもお呼びがかからなくなってしまうのです。他人からの勧誘がなくなってしまうとせっかくの願望の実現のチャンスを失ってしまうことにもなりかねないのです。

参考:出会いアプリ おすすめ

素敵な恋人と出会いたい

逆にたとえ忙しくても「そんなに忙しくない」といっていた方がプラスに働くのです。-依頼、棺談にはのってあげる親しい人や信頼関係にある人が相談にのってほしいといってきた場合、これがマインドからの誘導ということも考、えられます。エレクト ンの先生だったある女性は、友人の結婚式やパーティ等でよく演奏を依頼されていました。彼女はどんな場合でも謝礼を請求することなく引き受けていたのです。そうしたらエレクト ン演奏のために出かけたある結婚パーティで素敵な人と出会い大恋愛の末結ぼれたのです。実はこの依頼はマインドからの誘導だったのです。このように他人からの依頼も快く応じる人は、人から好かれそれだけ縁が増えてマインド誘導のチャンスも増えるのです。一時の揖のようにみえても決してそうではないのです。謝礼なしでは決して動かないという人には幸せはこないのです。毎日変化のある行動を心がけ、良好な人間関係を多くつくることによってヒラメキや正しい勧誘が生じて、それが原因となってあなたの願いが実現するのです。複雑なマインド誘導もあるマインドはあなたの願いを実現させようと誘導するわけですが、そのヒラメキや誘導が正しいと判断したら素直に従ってみることです。今までの事例ではダイレクトに結びついていましたが、それが複雑にからみ合っていることも多いのです。つまり縁が縁を呼んでつながっていくのです。たとえばあなたが素敵な恋人と出会いたいと願っていたとします。そしたら昔の親友にどうしても電話をしたいという欲求が起こり(これはマインドからの信号)電話をかけたところ、たまたま友人の誕生日のパーティに誘われ、参加したとします。くなり、その女性から運命の人グを紹介された、という例ですそこで知り合った女性と親し。この場合は、誕生日のパーティまでが一つの縁で、知り合った女性の紹介で結びついたというのがもう一つの縁ということになります。もう一つの例は、昔の友人にたまたま道ではったり合ってしまい、その人に誘われたサークルに行ったところ、別の人から再び別のサークルに誘われ、そのサークルで知り合った人が紹介してくれた人と結びついた、という複雑な例も起こりうるのです。以上のように願いを想念としてマインドへインプットしておくと、ヒラメキや欲求や勧誘が様々な形で縁として起こってくるのです、複雑なようですが、糸は結ばれているのですから素直に従えば必ずよい結果をもたらすのです。

人との出会いがチャンス

迷った場合のは肯定せよって行動」といっても迷ってしまう場合が多いと思います。行こうか、行くまいか、二者択一にせまられた場合、マインド心理術をやっているのならできるだけ肯定的な考えを持ったほうがよいでしょう。ったら肯定」「素直に従「迷と考、えた方がよいでしょう。肯定は肯定的な結果をもたらすからです。特に多くの人と出会える場所は行ってみるべきだと思います。見知らぬ人と出会うことを決して億劫がってはいけません。新しい人と知り合うことこそ、そこにチャンスが生まれるのです。老若男女問わず、人との出会いがチャンスなのです。一見あなたの願い事と直接関係ないと思われてもどんなことでつながっていくかわからないのです。年寄りの人しか集まっていないあるサークルに参加しがっかりしていたところ、その中のお年寄りの人から孫を紹介されて 運命の人。と出会うという願いが叶ったという例もあります。これはそのサークルには相手はいなかったのですが、そのサークル自体にその人の願いの縁があったといえます。逆にもてなくなる場合もある人によっては自らの願望と全く逆の方へ進んでいるのではないかと思われる現象も起こります。「今までは多くの男性から声をかけられていたのにマインド心理術を実践してから全く声をかけられなくなってしまった」といって落ち込んでしまう人もいます。しかしそれは誤解です。これはマインドが 4注命の入。と会わせるために他の男性とのかかわりあいをもたせないようにしたために起きた現象なのです。あくまでも迷わせないためのも。ですからそれは幸福の前兆である、。運命の人 が出現する前兆であるとプラスに考えればよいのですもし多くの男性から声をかけられていると混乱や迷いのためか運命の人。をみ逃してしまうおそれがある、とマインドが判断したのです。た一人の 運命の入。に会、えた方がよっぽど幸せになれるのですから逆にたとえ的人の男性からプロポーズされても、たった一人のグ運命の人なら本当の幸せはやってきません。最も卯人にふられでも、たっ。。が出現しないの。というのも今ま。浅田由香さんは七回目のお見合いの時に好きなタイプの人と出会いましたでお見合いした人は一流企業に勤めていて人のよさそうな男性でしたが、ハゲ、チピ、デブばかりだったのに比べて今回の人は背が高くハンサムだったのです。ド心理術をやっていたのにもかかわらずふられてしまったのです。

趣味や価値観の合う相手

ところがあとでわかったことなのですが、彼女の見合いの相手はその時すでに他の複数の女性と交際していて誠意のないプレイボーイだったのですしかしながら彼女はマイン。そして彼女はその後八回目の見合いで運よく。運命の人。と出会って幸せな結婚をしたのです。のです、この場合は、マインドがか運命の人。と結ばせようとしていたのでそのプレイボ きと遠ざけたと考えられるのです。従ってふられたこともよいことが起こる前兆であったといえます。この例にもみられるようにたとえふられても決してがっかりしてはいけません。あくまでもそれは最愛の。運命の人。と出会う前ぶれなのだと考えるべきです。又、好きなタイプであっても相手が全く受け付けない場合は、その人がグ運命の人。でないと考えなくてはいけません0 8運命の人。と出会った時は、全く受け付けないということは決して考えられないのです。今まで述べてきたようにマインド心理術をやっても一時的にもてなくなってしまったり、ふられてしまったりする現象も起こりますが、それはあくまでも本命と出会うためやむをえないことと思って下さい。決して落ち込むことなく楽天的に考えて下きい運命の人 を見分ける法。 、人から紹介してもらったりして多くの人と知り合旅行先やパーティやサークルで会ったりっても、この人が。運命の人。かどうかの判断力がないとせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。そこで次に判別法の基準を示しますので参考にして下さい。会った瞬間にピ ンとくる「出会った瞬間にピ|ンときて、ということがあります。」の人だ。と感じる」ーンは「ロミオとジュリエット」を始めとして多くの恋愛映画や恋愛小説の中でみられますこの場合かなり高い確率でか運命の入。であると思ってよいでしょう。方です。相手もそう考えていたらもう間違いなく運命のインスピレーションと思ってよいでしょう。マインド心理術の実践者は確率が高くなります。問題は相手の波長が合うこれは出会った瞬間ではなく多少話していくうちに感じるものです。趣味や価値観が合うというのも確かに波長の一部ですが、趣味や価値感というのは変わるもので一定ではありません。。波長というのは、潜在意識下の結びつきであり、かなり深い意味をもっています-過去にそれ程有名でない映画を二人ともみていて、・これから食事したいと思ったところ同じ部分を感動していた 0、全く同じ物を食べたいと思っているのです。

一緒にいると幸福感を感じる相手

「たとえば -旅行をしたい場所が、細かい地名まで全く一致している0・電話をかけようと思った瞬間、相手側からかかってくる。・過去に同じ本を読んでいて、同じ部分を感動している。-街でよく偶然に出会う。以上のように偶然の一致のようなことがたびたび起こったり、やりたいと思ったことが、全く一致したり、考えていることが全く同じであったり、同じような行動をしたがるようなことが多かったら波長が一致していると考えてよいでしょう。話をしていてこのような奇跡的なことや偶然の一致が多かったらか運命の人。と考えてよいでしょう。海外での実話を紹介します。クリスという男性はマリアという女性と友達だったのです。ある日クリスは「結婚」という本を読んでいて「世の中には男と女が生涯を通じて深く結ぼれる神聖な結婚もある」かしよという個所に感動し、マリアへ早速電話をしたのです。そしたらマリアは「私も丁度その本を読んでいてそこの個所に感動し、あなたに知らせようと思っていたところなの」と答、えたのです。その後二人は。運命の入。だと確かめ合い、結婚することにしたのです。3驚いたことにその結婚式の時に司祭がなんと「結婚」という本の中の二人が感動した同じ個所を読み上げたのです。もちろん二人は今でも幸せに暮らしています。これは偶然の一致でしょ、っカいやこれらの現象は正に運命的な事柄といわざるを得ないでしょうフィーリングが合うこの場合もある程度話をしたり、実際に付き合ってから感じるものです。-会っている時に安らぎを感じ全く疲れない。・いつまで付き合っても決してあきない。-会っている時に会話がなくても楽しい気分である0・会うたびにウキウキして元気になる。-できるだけ長く一緒にいたいと思う。-別れる時にものすごくさびしさを感じる。以上のようになんとなくその人といると幸福感を感ずるような相手は。 。運命の人。である可4能性が十分あります。「長く付き合という人もいるでしょう。ように、 っていてあきないなんて信じられない」しかし、歌でもいくら聞いても決してあきることがない曲があるそのような人が必ず存在するのです。心から愛している相手のことを本当に愛しているのかどうかを判別する方法は-相手に尽しさることができるか・相手の生 8方に協力できるかによって見分けます。自分が犠牲になってでも相手のことを思えるかどうか、ともいえます。たとえば相手のセーターに穴があいていたとします。