趣味や価値観の合う相手

ところがあとでわかったことなのですが、彼女の見合いの相手はその時すでに他の複数の女性と交際していて誠意のないプレイボーイだったのですしかしながら彼女はマイン。そして彼女はその後八回目の見合いで運よく。運命の人。と出会って幸せな結婚をしたのです。のです、この場合は、マインドがか運命の人。と結ばせようとしていたのでそのプレイボ きと遠ざけたと考えられるのです。従ってふられたこともよいことが起こる前兆であったといえます。この例にもみられるようにたとえふられても決してがっかりしてはいけません。あくまでもそれは最愛の。運命の人。と出会う前ぶれなのだと考えるべきです。又、好きなタイプであっても相手が全く受け付けない場合は、その人がグ運命の人。でないと考えなくてはいけません0 8運命の人。と出会った時は、全く受け付けないということは決して考えられないのです。今まで述べてきたようにマインド心理術をやっても一時的にもてなくなってしまったり、ふられてしまったりする現象も起こりますが、それはあくまでも本命と出会うためやむをえないことと思って下さい。決して落ち込むことなく楽天的に考えて下きい運命の人 を見分ける法。 、人から紹介してもらったりして多くの人と知り合旅行先やパーティやサークルで会ったりっても、この人が。運命の人。かどうかの判断力がないとせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。そこで次に判別法の基準を示しますので参考にして下さい。会った瞬間にピ ンとくる「出会った瞬間にピ|ンときて、ということがあります。」の人だ。と感じる」ーンは「ロミオとジュリエット」を始めとして多くの恋愛映画や恋愛小説の中でみられますこの場合かなり高い確率でか運命の入。であると思ってよいでしょう。方です。相手もそう考えていたらもう間違いなく運命のインスピレーションと思ってよいでしょう。マインド心理術の実践者は確率が高くなります。問題は相手の波長が合うこれは出会った瞬間ではなく多少話していくうちに感じるものです。趣味や価値観が合うというのも確かに波長の一部ですが、趣味や価値感というのは変わるもので一定ではありません。。波長というのは、潜在意識下の結びつきであり、かなり深い意味をもっています-過去にそれ程有名でない映画を二人ともみていて、・これから食事したいと思ったところ同じ部分を感動していた 0、全く同じ物を食べたいと思っているのです。