相性や波長が合う

相性や波長がピッタリと合っていました。おまけに顔やスタイルも好みのタイプだったのです。その旅行は十一月だったのですが、その年の十二月末日に彼女はその彼からプロポーズされたのです。出会ってからたった一カ月後のことでしたので彼女も私も大変びっくりしてしまいました。というのも私は恋愛してから結婚するとしたら少なくとも一年ぐらいは付き合って決めるものと思っていたからなのです。そして彼女は翌年の六月に結婚式を挙げたのです。この例も又、私が完全に動かされて彼女の願望を実現させたのです。今までの説明や事例でマインドはいろいろな信号を出して誘導してくることがおわかりになったと思います。その誘導法は、、を使って自分から出てくるものとして、欲求を通じてひらめかせるもの、メディアを通じてひらめかせるもの、夢を通じてひらめかせるものがあり、その他、他人からの勧誘がある、ということなのです。想念をインプットしてマインドレベルが高ければ、自然にこれらのヒラメキや勧誘は出てきます。私達はただその誘導に従がって行動していけば願望は実現することになるのです。マインドからの信号は自然にしていてももちろん出てきますが、出てくる口を広げていくと非常に出やすくなってくるのです。そこでマインドがスムースに信号を出しやすい環境づくりを考えてみましょう。マインド誘導を促進する法変化のある生活をする自らのヒラメキや他人からの勧誘をスムースに出させるためには毎日家と学校や職場の往復だけに追われていてはいけません。何か新しいことをやってみることが必要です。毎日閉じ時間に起き、同じルートで通勤通学をし、同じ友人や同僚だけとしゃべっているよりは、何か新しいことをやってみたり、新しい友人と話したりする方が、ヒラメキや勧誘が起きやすくなってくるのです。-いつもと違った道を歩いてみる-いつもと違った通勤通学ル 卜を使ってみる・いつもと違ったレストランで食事をする-いつも読まない新聞・雑誌を読んでみる-いつもみないテレビをみる-たまには昔の友達に電話してみる-たまには昔の友達に手紙を出してみる・ゃったことのない趣味に挑戦してみる-ゃったことのないスポーツをやってみる・行ったことのない所へ出かけてみる-たまには講演会や公演会に行ってみる・新しいサークルに参加してみる以上のように毎日変化のある生活を心がけていると様々な情報が入ってきてこれがマインドを刺激し、ヒラメキを出させたり、他人から勧誘を出させたりするのです。